安眠を誘うためのベッドマットレスの仕組みとは?

安眠を誘うために適切なベッドマットレスを探すなら。。。

というテーマでベッドマットレスを探すには寝返りの少ないものを選ぶことが大切です。

そこで体圧分散のマットレスが人気です。

この体圧分散の仕組みはポケットコイルと連結コイルに分別されています。

ポケットコイルは独立したコイルを不燃布で包み込んでいます。

体圧には点で支え沈み込みをおこなう特徴があり、重力のない部位はそのままの形状を保つように体の圧にうまく合わせた体圧分散がきくマットレスとして眠るときのしせいを安定化させる特徴を併せ持って販売されています。

柔らかな居心地を提供するためにベットの上で寝返りを打ったとしても決して体への負担がなく、包み込むような体感を提供してくれます。

夫婦2人で眠るときは相手の振動が伝わりにくいと言われているポケットスプリングがおすすめです。

提供しているブランドは、「ザルモン シモンズ」などで購入することができます。

またコイルが連結しているタイプでは連結性のマットレスがポケットコイルと比べられています。

これは耐久性に優れた固めの寝心地を提供するので体圧を支えるのはポケットコイルのように点ではなく、面であるため安定した体感が得られるというものです。

まるで雲の上で寝ているようとも表現されることがあります。

連結性のマットレスは固めのマットレスを好む人に向いています。

アメリカメーカーの「シーリー」、「サーター」が提供しています。

「サーター」ではベットの面積を区分けした体圧分散が特徴的です。

こうしてマットレスは柔軟な肌ざわりも求められます。「柔らかな肌触り」と「寝姿勢の安定」といったニーズのためにもマットレスは3つの層で成り立っているものが一般的です。

3層構造では体に面する部分のA層は柔軟性のある柔らかい材質を採用しています。

とくに体に接する部分のためにふんわりとした柔らかさや汗を吸う吸湿性といった機能性を重視して作られています。

さらにその下のB層には硬めの材質を採用しています。

就寝姿勢の安定性や重力による体の落ち込みを防ぐため、さらに長時間の就寝による反発に対応できるしっかりとした層になります。

低発泡ウレタンや新素材であるコンニャクのような感触のジェルを用いた商品もあります。

マットレスの最も下の層は、とても重要な役割があります。体圧の分散や寝返り時の動きなどに対応するクッション的な役割を持っています。C層の部分はスプリングや樹脂、ジェルといった流体物質なども用いられ、実は最下層に用いる材質の種類によって寝心地が大きく変わります。寝心地はご自身の好みもありますから、購入前には一度実物に寝てみる必要があります。

腰痛悪化防止の為のウォーキングはルートを選ぶ?

腰痛の悪化防止の為、空き時間さえあればすぐに外に出てウォーキングを積極的にやっている私ですが、やはり路面の質によって腰に受ける衝撃の強さも異なり、楽なルートときついルートがはっきり分かれてくるのは興味深いものです。

足元から腰に来る衝撃も大きく道中がきつく感じられがちなのは、やはりコンクリートでガチガチに舗装された路面。

大抵はこのルートなのですが、途中適度に休憩を挟んだり歩幅を短く歩くペースを緩めたりしないと、時折ピリッとした痛みが腰に走り、負荷がかなり過剰になっている事を教えてくれます。

最近の研究では適度に足に衝撃を与えた方が骨を丈夫にしてくれる、というデータもある様ですが、もう少し腰の方を労わりたい私にとってはやはりちょっと辛いルート。

路面に砂利や土の箇所が混じっていれば足元の汚れを覚悟の上、意識してその上を歩くケースも多いですし、未舗装のルートを見付けた時の喜びも大きいものです。

一方比較的強く足を踏みしめても衝撃が腰に伝わり難く、腰の痛みも無く快適に歩けるのはやはり路面が土砂となる山道。

適度なクッションは時として雨水の通り道となり、ぬかるんで足元を汚してしまうケースもありますが、腰に掛かる負担は最小限で済みます。

それらのルートが多い地域の古道や緑地内のハイキングコースを始め、オフなら周囲の自然を楽しみつつリラックスして歩けるのが楽しいもの。足元は上の理由に加え危険な生物を踏みつけるリスクもありますから、ソールもしっかりした専用のシューズを履く必要はありますが、それだけの価値は十分にあると思っています。

日々歩く事に重点を置いていると、通勤や買い物の関係もあり、どうしてもコンクリート舗装のルートを多く歩く事になってしまいます。

足腰の筋力強化という利点にも増して疲労も溜まり易く、定期的なストレッチやマッサージは欠かせません。

それでも意識して歩く様になってから数年、ずっと足腰や背中を診てもらってきた整骨院の先生に言わせると、診始めた頃と比べだいぶ筋力が付き、筋肉自体が硬く引き締まって来ているとの事。

少なくとも歩く心掛けが実となって現れてきている事を嬉しく感じたものです。

これまではちょっと遠く、2キロ程度離れた場所への買い物にも必ず電車で2駅は飛ばして出掛けていたものですが、最近ではかなり急いでいても、その道のりの多くを歩き抜く事が出来る様になったのはかなりの進歩に違いありません。

今後も上手くルートを選択しながら足腰の強化を続け、腰痛と無縁な状態に持っていきたいものです。