マットレス専用のシーツに込められた機能性

ずいぶんと一般家庭の寝具さえも高品質のものを選ぶ時代になりました。

例えば、シーツ一枚にしてもクオリティを求められる時代です。

ベットの愛用者が増えている背景には、布団のように畳んで押入れにしまう必要性がないことや、昔のように昼間は客間や団欒の場に利用して、夜間は寝室にするという時間帯による部屋の共有の必要性もなくなってきたことにありそうです。

寝室にベットを敷いておくことも当たり前となった現代では徐々にベットメイキングの質もあがり今では寝具に凝る人も多いようです。

マットレスは一方では健康に有害な面もあります。

例えばマットレスは以外にも汗を吸収して汚れるものです。健康的に就寝時間を過ごすためにも質のよいシーツやマットレスというクオリティも求められるのです。

そこでリゾートホテルのようにシワやよれのないベットメイキングのするには、質の良いシーツも必要です。

一般的にはフラットシーツやプロテクトシーツを敷いてベットを使いますが、ベットに応じたシーツも存在します。

ここで日頃のシーツのお悩みをあげてみました。

ベットメイキングのお悩み1

ベットメイキングの時から時間が経過したときのシワやヨレができる。

ズレもある。

悩み2

子供のお漏らしやペットの粗相などが、水分を含んだ汚れができる時があるがお掃除の仕方がわからない。

マットレスにまで汚れが染み込んでいるので困る。

悩み3

長期間の利用では梅雨時を中心にしてマットレスに湿度がたまる。

悩み4

マットレスもシーツも乾燥しにくい、お洗濯時に乾きにくい。速乾性がない。

悩み3

マットレスの寝心地が良くない。シーツの寝心地が硬くてゴワゴワしている。

こうした多様な問題にアプローチしたシーツもメーカーでは取り扱われています。

例えば、防水性へのアプローチには浸透がないのでペットの粗相などの問題点がない。

透湿性の問題といえば、睡眠中の汗の量をマットレスが吸収してしまうことですよね。

吸水性機能も加えてわずか1秒で汗を吸水させるという機能面もあります。

さらに防ダニというダニの問題も解消できる機能も開発されている品物もあります。

マットレスには最適なシーツが海外メーカーより開発されています。

マットレスといえば、カビやダニの問題のほかにも湿度がこもることです。

毎日寝ている間に人間の汗を吸収してしてしまうのでいつの間にか汚れてしまいます。

こうしたことの対応にはベットマットレス専用のシーツを使うようにしてみましょう。