マットレス専用のシーツに込められた機能性

ずいぶんと一般家庭の寝具さえも高品質のものを選ぶ時代になりました。

例えば、シーツ一枚にしてもクオリティを求められる時代です。

ベットの愛用者が増えている背景には、布団のように畳んで押入れにしまう必要性がないことや、昔のように昼間は客間や団欒の場に利用して、夜間は寝室にするという時間帯による部屋の共有の必要性もなくなってきたことにありそうです。

寝室にベットを敷いておくことも当たり前となった現代では徐々にベットメイキングの質もあがり今では寝具に凝る人も多いようです。

マットレスは一方では健康に有害な面もあります。

例えばマットレスは以外にも汗を吸収して汚れるものです。健康的に就寝時間を過ごすためにも質のよいシーツやマットレスというクオリティも求められるのです。

そこでリゾートホテルのようにシワやよれのないベットメイキングのするには、質の良いシーツも必要です。

一般的にはフラットシーツやプロテクトシーツを敷いてベットを使いますが、ベットに応じたシーツも存在します。

ここで日頃のシーツのお悩みをあげてみました。

ベットメイキングのお悩み1

ベットメイキングの時から時間が経過したときのシワやヨレができる。

ズレもある。

悩み2

子供のお漏らしやペットの粗相などが、水分を含んだ汚れができる時があるがお掃除の仕方がわからない。

マットレスにまで汚れが染み込んでいるので困る。

悩み3

長期間の利用では梅雨時を中心にしてマットレスに湿度がたまる。

悩み4

マットレスもシーツも乾燥しにくい、お洗濯時に乾きにくい。速乾性がない。

悩み3

マットレスの寝心地が良くない。シーツの寝心地が硬くてゴワゴワしている。

こうした多様な問題にアプローチしたシーツもメーカーでは取り扱われています。

例えば、防水性へのアプローチには浸透がないのでペットの粗相などの問題点がない。

透湿性の問題といえば、睡眠中の汗の量をマットレスが吸収してしまうことですよね。

吸水性機能も加えてわずか1秒で汗を吸水させるという機能面もあります。

さらに防ダニというダニの問題も解消できる機能も開発されている品物もあります。

マットレスには最適なシーツが海外メーカーより開発されています。

マットレスといえば、カビやダニの問題のほかにも湿度がこもることです。

毎日寝ている間に人間の汗を吸収してしてしまうのでいつの間にか汚れてしまいます。

こうしたことの対応にはベットマットレス専用のシーツを使うようにしてみましょう。

ベットシーツのヨレを抑止するためのシーツ選び

なぜか使っているうちに自宅のベットのシーツが徐々にずれていて困るという人も多いはず。

寝相の悪さが原因になることも多いシーツのずれを防止するにはどうしたらいいのでしょうか。

シーツがずれると掛け布団から毛布まで移動させる必要性があり苦労しますよね。できたら一度敷いたシーツは洗濯するまでそのままの状態で利用したいものです。そこでズレないシーツの敷き方をまとめてみました。

ベットサイズよりも大きめのシーツで包むようにする。

そもそも私たちがシーツに利用しているタイプがフラットシーツというタイプです。

フラットシーツというのは、ボックスシーツとは異なっており引っ掛ける部位がない分に敷き方にはとても難しいのです。

そこでフラットシートは大きめサイズを選びベットマットレスを包むようにして敷くとずれにくくなります。

リゾートホテルのベットマットレスのシーツのようにビシッとシワやヨレがないベットメイキングをみてお手本にしたいと思った人も多いことでしょう。

家庭のベットでも大きめサイズのフラットシーツを選ぶとズレの防止にもなるというわけです。おもに180c×270c、210c×260

210c×260cmというようにサイズ展開されているので、この中から自身のベットのサイズにあうタイプを選んでみましょう。

ボックスシーツを選ぶという方法

一方ではボックスシーツを使う方法もあります。ボックスシーツというのは、ベットマットレスにシーツをはめ込むためのものです。シーツの下面にはゴムがついており、マットレスから簡単に剥がれないように引っかかるための工夫が施されています。

日本人には畳の布団を敷いて寝るという習慣があるので、真っさらなフラットシーツのほうが使い慣れていますが、一度ボックスシーツを利用すると利便性に慣れていくことでしょう。

こうして極端なシーツのズレであればマットレスに引っ掛けることができるボックスシーツを愛用するという手段もあります。

ベットシーツクリップを選ぶという方法もありますが、用具を買い求める必要があります。

シーツの選び方で抑止できるなら越したことはないですよね。

この時はできるだけ固めのシーツを選ぶとズレにくい、ヨレにくいので一流ホテルが使用するようなシーツに変えてみる方法もあります。

一度ずれると面倒なベットメイキングなので、できるだけしっかりとシーツを敷いておいてずれにくくしておきたいものです。

どうにもならなかった腰痛は整骨院でゆっくり治して

今でこそ随分と調子が戻ってきた私の腰ですが、1年ほど前までは何かのきっかけですぐに腰が痛くなってしまい、それが治るまで最低でも1週間以上は掛かるのが普通でした。

湿布をしたり身体を温めたりと、色々な方法で治そうと試みたものの劇的な効果は得られず、最終的に頼る事となったのはやはり第三者による施術。

始めの頃は丁寧に地元の整形外科に通い、痛み止めの薬やブロック注射を受けたものですが、その効果も一時的であり、やがて知人の紹介もあり、保険適用も可能なとある整骨院に転院、それが最も信頼出来る医院となってくれたのでした。

そこの先生も温和で人当たりが良く、初めてでもすぐに緊張が解けリラックスして施術を受ける事が出来たのですが、決して結果を焦らず、腰の周辺部で既に凝り固まっている歪みを治す事から入り、それが万全整ってから本丸となる腰そのものへのアプローチに入るやり方は、警戒心が強く人一倍痛みを感じ易い私にとっても十分信頼の置けるものでした。

当然すぐには腰の痛みが取れず、数カ月の間は我慢する事となったのですが、それでもその過程の中で、少しづつ腰が軽く痛みが軽減してゆくのを実感する事が出来ました。

一旦効果が出始めると得てしてもっと回復が早くならないか、といった焦りが出てくるものですが、この整骨院に通っている間は決してその様な気持ちになった事は無く、結構不思議だったものです。

やはり先生の温和な態度が緊張を緩め、どんなに施術が長引いても構わないか… という安心した気持になれたのも大きいでしょう。

それでも腰の状態が確実に良化し、普段の生活上まったく違和感を感じなくなるまでに掛かった期間は約5カ月程。

終わってみれば意外と早く回復し、年単位は覚悟していた私にとって嬉しい結果でした。

その後も現在に至るまで定期チェックと疲労やストレスの回復も兼ね、1ヶ月に1回の無理無いペースで通院しているのですが、意外と人気は無い様で、施術を待たされたり待合室が混雑するという事もありません。

マイペースで待つ事が出来、それも腰を過度な緊張から解放してくれる良い要素となっているのかも知れません。

一旦腰に変な癖が付くと、急な動きから突然腰痛が再発するケースがあり、意識して腰をゆったり動かす事をアドバイスされていました。

またアドバイス通り、止むを得ず腰を頻繁に動かす時には動き易いタイプのコルセットをはめ、万全の態勢を取っています。

正直ここまで症状が軽くなるとは思っていませんでしたから、この程度の手間暇なら十分許せる位です。

安眠を誘うためのベッドマットレスの仕組みとは?

安眠を誘うために適切なベッドマットレスを探すなら。。。

というテーマでベッドマットレスを探すには寝返りの少ないものを選ぶことが大切です。

そこで体圧分散のマットレスが人気です。

この体圧分散の仕組みはポケットコイルと連結コイルに分別されています。

ポケットコイルは独立したコイルを不燃布で包み込んでいます。

体圧には点で支え沈み込みをおこなう特徴があり、重力のない部位はそのままの形状を保つように体の圧にうまく合わせた体圧分散がきくマットレスとして眠るときのしせいを安定化させる特徴を併せ持って販売されています。

柔らかな居心地を提供するためにベットの上で寝返りを打ったとしても決して体への負担がなく、包み込むような体感を提供してくれます。

夫婦2人で眠るときは相手の振動が伝わりにくいと言われているポケットスプリングがおすすめです。

提供しているブランドは、「ザルモン シモンズ」などで購入することができます。

またコイルが連結しているタイプでは連結性のマットレスがポケットコイルと比べられています。

これは耐久性に優れた固めの寝心地を提供するので体圧を支えるのはポケットコイルのように点ではなく、面であるため安定した体感が得られるというものです。

まるで雲の上で寝ているようとも表現されることがあります。

連結性のマットレスは固めのマットレスを好む人に向いています。

アメリカメーカーの「シーリー」、「サーター」が提供しています。

「サーター」ではベットの面積を区分けした体圧分散が特徴的です。

こうしてマットレスは柔軟な肌ざわりも求められます。「柔らかな肌触り」と「寝姿勢の安定」といったニーズのためにもマットレスは3つの層で成り立っているものが一般的です。

3層構造では体に面する部分のA層は柔軟性のある柔らかい材質を採用しています。

とくに体に接する部分のためにふんわりとした柔らかさや汗を吸う吸湿性といった機能性を重視して作られています。

さらにその下のB層には硬めの材質を採用しています。

就寝姿勢の安定性や重力による体の落ち込みを防ぐため、さらに長時間の就寝による反発に対応できるしっかりとした層になります。

低発泡ウレタンや新素材であるコンニャクのような感触のジェルを用いた商品もあります。

マットレスの最も下の層は、とても重要な役割があります。体圧の分散や寝返り時の動きなどに対応するクッション的な役割を持っています。C層の部分はスプリングや樹脂、ジェルといった流体物質なども用いられ、実は最下層に用いる材質の種類によって寝心地が大きく変わります。寝心地はご自身の好みもありますから、購入前には一度実物に寝てみる必要があります。

腰痛悪化防止の為のウォーキングはルートを選ぶ?

腰痛の悪化防止の為、空き時間さえあればすぐに外に出てウォーキングを積極的にやっている私ですが、やはり路面の質によって腰に受ける衝撃の強さも異なり、楽なルートときついルートがはっきり分かれてくるのは興味深いものです。

足元から腰に来る衝撃も大きく道中がきつく感じられがちなのは、やはりコンクリートでガチガチに舗装された路面。

大抵はこのルートなのですが、途中適度に休憩を挟んだり歩幅を短く歩くペースを緩めたりしないと、時折ピリッとした痛みが腰に走り、負荷がかなり過剰になっている事を教えてくれます。

最近の研究では適度に足に衝撃を与えた方が骨を丈夫にしてくれる、というデータもある様ですが、もう少し腰の方を労わりたい私にとってはやはりちょっと辛いルート。

路面に砂利や土の箇所が混じっていれば足元の汚れを覚悟の上、意識してその上を歩くケースも多いですし、未舗装のルートを見付けた時の喜びも大きいものです。

一方比較的強く足を踏みしめても衝撃が腰に伝わり難く、腰の痛みも無く快適に歩けるのはやはり路面が土砂となる山道。

適度なクッションは時として雨水の通り道となり、ぬかるんで足元を汚してしまうケースもありますが、腰に掛かる負担は最小限で済みます。

それらのルートが多い地域の古道や緑地内のハイキングコースを始め、オフなら周囲の自然を楽しみつつリラックスして歩けるのが楽しいもの。足元は上の理由に加え危険な生物を踏みつけるリスクもありますから、ソールもしっかりした専用のシューズを履く必要はありますが、それだけの価値は十分にあると思っています。

日々歩く事に重点を置いていると、通勤や買い物の関係もあり、どうしてもコンクリート舗装のルートを多く歩く事になってしまいます。

足腰の筋力強化という利点にも増して疲労も溜まり易く、定期的なストレッチやマッサージは欠かせません。

それでも意識して歩く様になってから数年、ずっと足腰や背中を診てもらってきた整骨院の先生に言わせると、診始めた頃と比べだいぶ筋力が付き、筋肉自体が硬く引き締まって来ているとの事。

少なくとも歩く心掛けが実となって現れてきている事を嬉しく感じたものです。

これまではちょっと遠く、2キロ程度離れた場所への買い物にも必ず電車で2駅は飛ばして出掛けていたものですが、最近ではかなり急いでいても、その道のりの多くを歩き抜く事が出来る様になったのはかなりの進歩に違いありません。

今後も上手くルートを選択しながら足腰の強化を続け、腰痛と無縁な状態に持っていきたいものです。

体圧分散は寝返りの回数を減らして仰向け寝の状態を保つメリットがある!

最近のマットレスブームでよく耳にする体圧分散というキーワード。体圧とは、人間が横になって就寝するときの体の重力のことをいいます。

体重ごとに寝具にかかる体圧も違います。

最近ブームの反発マットレスにはこのような体圧をうまく分散させて、居心地を追求したり不要な寝返りの数を減らすメリットがあります。

人は必ず居心地が悪いと寝返りを打ってしまうものですが、寝返りが睡眠を妨げるということもあります。

こうして寝返りのときに筋肉に負担を掛けないようにすることも、マットレスに求められる理想のかたちなのです。

そもそも寝返りは体のバランスを取るために必要なものですが、寝返りのリスクは寝姿勢が不安定になるため、筋肉が動きやすく疲れが残る。

マットレスの質が悪ければ寝返りがし難く、余計に筋肉に負担がかかる。すなわち安眠することができないという結果を招いてしまいます。

高反発のマットレスでも体重の軽めの人が横になると、硬いままの使用感を得ることにもなり兼ねません。

一般的には体重60キロまでを100?150ニューロンと定められており、過度のニューロンのマットレスでは固すぎるということも。

さらにマットレスには毛布を敷いたりというように色々な工夫が必要になります。

また日本人に多い腰痛を患っている場合にも、固めすぎても柔らかすぎても腰痛持ちの人の安眠には不適切であると言えましょう。

体に合わないマットレスを選 んで使っていると余計に病態に悪化を招く恐れがあります。

つまり安眠を望むことができるマットレスは、柔らかすぎず硬すぎず体のでこぼこや重みをしっかり受け止めて体圧を分散して直立不動の状態のままの姿勢で眠ることができるものといえます。

ここでまとめてみました。体圧分散のマットレスを狙うときのポイントは

ポイントその1 体重にあうニューロンを選ぶ。

マットレスの表示にニューロンが記載されていることもあります。

ニューロンとは体圧のこと。

ポイントその2 寝返りの必要の少ないマットレス選びを心がけること。

体圧分散の方法が自分のからだにあうものか。。。口コミや展示場でリサーチしましょう。

ポイントその3 買い求めた反発ベッドマットレスが合わないからといって廃棄したり、返品したりすぐに諦めないこと。

毛布や式パットで弾力や寝心地を追求したり調整する工夫をすることも大切なことです。

寝返りは少ないほうがよく、仰向け寝が継続できるマットレスを探しましょう。